二重

埋没重瞼術

アイプチなどでの二重を作る時間から解放されましょう。理想の二重を簡単に実現する手術です。ベーシックな埋没法から、経結膜法と呼ばれる裏から埋没法を行う施術をご提供致します。アイプチなどを長期間使っていると皮膚のかぶれ、皮膚のたるみを生じます。また目をよく擦ることで眼瞼下垂を生じさせてしまうので、二重にしたければ早めに相談に来ていただき、施術を受けることをお勧めします。

ベーシックな埋没法は重瞼線に併せて糸のループを作ります。皮膚に小さな穴を数カ所開けて、糸を通し結紮後に結び目を埋没させます。当院では糸1本が埋没法1点と数えます。2点か3点のみの施術としています。多くの糸を使えば物理的に取れにくくなりますが、埋没法でやるメリットが減ってしまします。簡単にかつ腫れが少ないという良さを最大限に出すために、埋没法は基本的に2点または3点のみの提供としております。また瞼の皮膚に穴を空ける方法を避けたい場合は、経結膜法と呼ばれる瞼の裏から埋没法を行う施術も提供しております。皮膚に穴を開けない分、腫れは少ない施術になります。

ダウンタイム

目立った腫れは4,5日程度で軽減しますが、糸が馴染むのに1か月から3か月かかり、個人差があります。内出血があった場合は、見た目の色味が改善するのに2週間程度、腫れが引くのに通常より長い時間を要します。

合併症

内出血、血腫、糸の露出、感染があります。糸の露出や感染が認められた場合は、抜糸することで改善するので、落ち着いたら再度施術を行います。当院は保証制度を設けておりません。

全切開重瞼術

埋没法をしても取れてしまう二重やたるみが多い瞼で二重を作りたい場合、切開して二重を作りましょう。切開することで余分な皮膚を切除できます。また眼窩脂肪を切除したりROOFを切除することが出来ます。

ダウンタイム

腫れは2〜4週間で落ち着きます。傷の赤みが1か月ほどがピークで、3か月ほどで赤みが改善します。

合併症

内出血、血腫、感染、左右差、後戻りなどが認められることがあります。合併症が起きた場合は適切な治療を早期に行う事で重症化を防ぎます。左右差が生じた場合は、傷が落ち着く3か月以上経過した時点で修正手術を行います。二重が浅くなってきた場合は、再度同じ施術で二重を作ります。花粉症やメイクオフなどの目を強くこする行為があると二重は取れやすくなりますので、お気を付けください。

眼瞼下垂手術

保険適応とならない眼瞼下垂は自費治療となります。基本的には挙筋前転法を行います。後天性の眼瞼下垂の場合、瞼を開くという動作に伴い、症状をカバーする動きを認めます。瞼が凹んだり、眉毛挙上を認め、さらに額の皺が増えてきます。眉毛挙上する際に前頭筋が常に緊張しているため、首のこりや肩のこりの原因になっている方もいます。見た目の回復と共に機能の回復効果をねらった施術になります。麻酔は局所麻酔のみ、静脈麻酔併用の2つから選ぶことができます。

ダウンタイム

腫れは2〜4週間で落ち着きます。瞼の開きが改善すると、慣れるまでドライアイの症状が出ることがあります。適宜点眼等で乾燥を防いでいただきます。

合併症

内出血、血腫、感染、左右差などがあります。また下垂の修正不足や過開瞼などの症状が認められた場合は適した時期に修正手術を行います。

目頭切開

目頭の形を変える、蒙古襞をなくす施術です。両目が元々近い方はお勧めしません。また目頭の皮膚は薄く、どうしても傷が目立つ方がいます。目元を可愛くしたり、目を大きく見せる方法は別にもあるので、適応とその後の経過をよく理解した上で、施術を受けてください。

眼窩の形、眼球の位置(凸眼、奥目など)、睫毛と眉毛の距離、目頭の皮膚と涙丘とのギャップなど様々な要因で目頭の二重のラインが形成されます。平行二重にするために目頭切開をしても、末広型に近い形になる方もいますので、カウンセリングの際に十分診察を受け結果を適応を理解した上で施術を選択してくだし。

ダウンタイム

腫れは2週間程度です。傷の赤みが1か月ほど続きます。赤みが落ち着き目立ちにくくなるのに3か月程度かかることがあります。

合併症

内出血、感染、傷跡が目立つなどがあります。

目尻切開

目尻を切開して横幅を拡大する施術です。目は横幅が広がると相対的に縦が狭く見えるので、目尻切開単独よりもたれ目形成を加えてやると、目を大きくする効果をより出すことができます。切らないたれ目形成や下眼瞼下制を同時にやることをお勧めします。

下眼瞼下制

たれ目にして目を大きく見せる施術です。目の印象は黒目の見え方で決まります。それを助けるのが白目の見え方。黒目の外側の白目の面積が広くなると黒目を強調しやすくなるので、目尻切開と併せて行うと目を大きく見せるのにとても効果的です。

結膜切開による施術

結膜切開結膜側のみの切開でたれ目を形成します。過度に下げると睫毛が内反してしまったり、下瞼のたるみが増えるので、軽く下げたい場合が良い適応です。

皮膚、結膜同時切開による施術

結膜側を切開してたれ目を作り、併せて皮膚側も切開することで睫毛の内反を防ぎながらより強く下方へ下げる事ができます。たれ目でできる皮膚のたるみも解消できます。

切らないたれ目

タッキングのみでたれ目を作る方法です。切開がないためダウンタイムも少なめで、簡便な方法ですが、後戻りのリスクが高くなります。

ダウンタイム

タッキングの場合は内出血がなければ4〜5日程度で腫れが治まります。結膜切開や皮膚切開があると、1〜2週間程度腫れが出ます。

合併症

内出血、感染、後戻りなどがあります。

眉下切開

瞼のたるみを取る施術です。瞼の皮膚は下に行くほど薄くなるので、滑らかな二重の折れ返りを温存する場合に適しています。眉毛の生え際ギリギリを切開することで、極力傷を目立たなくします。

ダウンタイム

腫れは1週間程度で引きますが、傷の赤みが1か月程度目立ちます。赤みが引いて皮膚が馴染んでくるのに3か月程度かかります。内出血があると瞼の下に落ちてきて目立ちます。

合併症

内出血、感染、傷跡、外側のドッグイヤー等があります。