眼瞼下垂術

About眼瞼下垂術とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)からつながってくる膜(挙筋腱膜)が目をこするなどの機械的刺激や加齢に伴い伸びてくることで、黒目の半分以上が上まぶたに隠れ、目が大きく開かない状態のことです。
額の筋肉に力を入れないで、目を開いた状態では、黒目が7割以上見えるのが標準的ですが、眼瞼下垂の場合は、黒目が5割程度しか見えなくなります。そのため、眼瞼下垂の場合、「眠そうに見える」「目が細い」「目つきが悪い」などの印象を与えやすいです。また、眼瞼下垂の方は額の筋肉で目の開きを補おうとするため、額のしわが深くなってしまい、肩こり、頭痛、眼精疲労の原因にもなります。
眼瞼下垂術には、これらの悩みの改善効果があります。また切開をするため、効果は半永久的に持続します。
当院の眼瞼下垂術は、基本的に挙筋前転法を行います。挙筋前転法とは、皮膚を切開し、眼瞼挙筋腱膜を前転して瞼板に固定することで、まぶたの下垂を改善する方法です。

Recommendこんなお悩みにおすすめ

  • まぶたの下垂が気になる
  • 眠そうな目とよく言われる
  • 二重の幅、目の開きに左右差がある
  • 眼瞼下垂の影響で肩こりが酷い
  • 眼瞼下垂の影響で頭痛持ちになってしまった

Point眼瞼下垂術の特徴

point.01目元がはっきりとし、
若々しい印象になる

上まぶたの下垂は、「眠そうに見える」「目が細い」「目つきが悪い」などの印象を与えやすくなります。また、年齢以上に老けて見えてしまいます。
眼瞼下垂術によって上まぶたの下垂を改善することで、目元がはっきりとし、若々しい印象を与えることができます。
全切開重瞼術のように、印象が大きく変わることもないため、目元は大きく変えたくないが、印象は若々しくしたいと考えている方にはおすすめの治療です。

point.02保険適応にならない
軽度の眼瞼下垂も対応、
本来の目の魅力を取り戻す

保険適応の基準に当てはまらない眼瞼下垂でも、目元の印象を大きく左右するため、本来の目の魅力を引き出せるようなデザインで仕上げます。そのため、治療の目的が「今よりも美しくなりたい」「形をきれいに整えたい」とお考えであれば、美容クリニックで治療を受けることをおすすめします。

point.03眼精疲労や、肩こり、頭痛も
改善される

上まぶたの下垂が原因で起こる、眼精疲労や肩こり、頭痛の改善効果も見込めます。また、黒目がしっかり見えるようになるため、視界も良好になります。
また、目尻切開とセットで施術を行うことで、より高い効果が見込めます。

Price料金

施術名 通常価格 部分モニター価格 顔出しモニター価格
眼瞼下垂術 ¥495,000 ¥418,000 -

※価格は全て税込です。
※別途麻酔代、診察代が必要となります。

Detail施術詳細

  • 施術時間

    20分程度

  • ダウンタイム

    腫れ(2週間~1ヶ月程)

  • リスク・副作用

    内出血、血腫、感染、左右差など

  • 術後に必要なケア

    まぶたの開きが改善すると、慣れるまでドライアイの症状が出る場合があります。そのため、点眼などで乾燥を防いでください。
    腫れている時期は、患部をアイシングしてください。

    ※飲酒、喫煙は腫れを長引かせる原因になります。
  • 術後の注意事項

    抜糸後からコンタクトレンズの着用は可能ですが、違和感がある場合は着用を中止してください。
    術後1週間程は、メイクはお控えください。
    術後1ヶ月程は、激しい運動はお控えください。

Contactご予約・お問い合わせ

お気軽にご相談ください。

Flow施術の流れ

  • STEP01医師のカウンセリング
    ご希望をお伺いし、顔のバランスなどを考慮して最適な治療をご提案します。
    方針が決まりましたら、治療内容のご説明をします。また、ご不安やご質問などがあれば、お気軽にご相談ください。
  • STEP02手術
    局所麻酔または静脈麻酔を行います。
    その後、切開を行います。
  • STEP03手術後
    治療から1週間後に抜糸を行います。
  • STEP04アフターケア
    痛みがある場合は、処方する痛み止めで鎮痛することができます。

トップへ戻る