症例ブログ

今回ご紹介するのは
受け口気味で中顔面がフラットな輪郭
の患者様です。
術後1か月が経過したのでご紹介します。

1.横顔

下顎前突の場合、噛み合わせがアングルの分類でクラス3と呼ばれる咬合になっていることが多いです。そして、下顎だけが前突していてそれを治せば良いわけではありません。上顎骨はやや後方に下がり、下顎が前突、そして咬合平面がフラット気味になっていて、そのせいで口角が下がります。鼻翼基部の位置がやや低く、人中の傾斜もついていることが相まって、口角の下がりはさらに増します。口を閉じているだけで不機嫌そうに見える輪郭になります。

上下顎骨同士の位置関係は矯正歯科医が決めます。術後の咬合位にした上下顎骨を一塊として、回転をかけます。上下の顎骨が最適な位置に来たところで、オトガイ形成でEラインを整えます。この方はエラの骨切りも希望されていましたので、同時にVライン形成も行なっています。

受け口輪郭に両顎手術とVライン形成で整えました。術後1か月の経過です。

【横顔】両顎手術+Vラインの術後1か月

位置決めは文章にするとこのようになりますが、実際これらを3Dシミュレーションソフト上で行います。最終位置を決めたところで、各ポイントの移動距離を計測して、施術の細かいプランを組み立てます。Vライン形成に関しても、ソフト上で計測して、術野でシミュレーションを忠実に再現できるようにします。

2.正面

面長に見えるということは横比率より縦比率が目立つことになります。下顎を後方に下げること、そしてオトガイ形成で長さの調整をすることで、面長感をなくしていきます。それは縦比率より相対的な変化として横比率が強くなります。術後この輪郭に見慣れるまで、横幅が気になる患者様もいますが、それは変化に伴うもので見慣れてくると、問題はなくなります。

受け口輪郭に両顎手術とVライン形成で整えました。術後1か月の経過です。

【正面】両顎手術+Vライン形成術後1か月

3.斜め

まだ顎先のむくみが残っている術後1か月です。ただ、鼻翼基部の陥凹の改善と顎先のボリューム感、口角が下がった口元、エラのボリュームなどの変化は見て取れます。
術後1か月目のダウンタイムの状況として参考にしてみてください。

受け口輪郭に両顎手術とVライン形成で整えました。術後1か月の経過です。

【斜め】両顎手術+Vライン形成の術後1か月

4.CT比較

咬合平面の傾斜がフラット気味でしたので、回転をかけて下顎を後方に移動しています。オトガイ形成で適度に短縮と幅を狭めて前方移動しています。それに合わせてVライン形成でエラの骨切りを行なっています。

受け口輪郭に両顎手術とVライン形成で整えました。術後1か月の経過です。

【CT比較】両顎手術+Vライン形成の術後1か月

受け口輪郭に両顎手術とVライン形成で整えました。術後1か月の経過です。

【CT比較】正面

オトガイもしっかりした幅があったので、幅を狭めて前方移動をしています。Vラインは術前よりかなりシャープになりました。男性なので、細くなりすぎない程度にスッキリとした骨張った輪郭にならないように調整しています。エラの骨切りでたるみを気にされる方もいますが、輪郭や軟部組織に応じて切り方を工夫することで、可及的にたるみを予防します。若くしてフェイスリフトはできるだけ避けるようにしています。

🏥顎矯正手術治療代:2,750,000(税込)
目隠しモニター:2,310,000 (税込)
顔出しモニター:1,870,000 (税込)
術前検査代、麻酔代、術後CT代は別途
📸モニター募集中

🩹リスク:疼痛、出血、血腫、感染、神経障害、咬合異常など

⚠️経過や結果には個人差があります。施術内容、経過など十分理解した上で施術をご検討ください。術後気になる症状があれば、受診してご相談ください。術後の経過を安全に見ていくために、定期的な受診が必要です。

《輪郭の治療で当院が選ばれる理由》

1.2014年から美容外科で積み上げた豊富な骨切りの経験があります。
2.両顎は「Dolphin®」を用いてミリ単位でシミュレーションを行います。
3.院内CTで術前、術後スムーズに検査ができます。
4.アフターフォローもしっかりします。
5.連携施設は東大口腔外科、矯正歯科3院(東京2院、大阪1院)があります。
6.輪郭の治療として、脂肪吸引、バッカル、糸リフト、ハイフなどのご提案をすることも可能です。
7.完全予約制なので診療がスムーズです。

🏥リノクリニック東銀座
104−0061東京都中央区銀座3丁目11−13松本銀座ビル9
☎️03-5550-5557
🌏web予約受付中

 

トップへ戻る