症例ブログ

Case File1【骨切り】両顎手術を受けて小顔に<術後3か月>

下顎前突で受け口気味の願望を小顔にしたいと
相談に来られた患者様をご紹介します。

手術を受けて3か月が経過しましたので
解説とともにご紹介します。

まずは下顎が前突しているのがわかりやすい横顔から見てみましょう。頬、鼻翼基部から上唇、人中にかけてフラットな配置になっています。鼻翼基部がやや陥凹していて、そこより人中の前方傾斜が強く見られます。この部位と比較しても下唇から顎先にかけてのラインが前方に位置しています。ここがもっと前方に出ていると受け口感がとても強い輪郭になります。

【骨切り】両顎手術 術後3か月

両顎手術 術後3か月 横

術後は鼻翼基部の陥凹が改善して中顔面の立体感として前方に位置するようになりました。これは前方に移動させたというよりは回転と下顎の後方移動により作られる立体感です。そして、人中の位置より後方に下唇や顎先が位置しています。オトガイ形成で短縮しながらEラインを作成して、Vラインをシャープに仕上げているので、顔全体の面長感はかなり改善しました。

正面

正面から見るとVラインのしっかりとしたボリューム感が見てとれます。骨格的なサイズ感として女性サイズではあるのですが、前方に位置しているだけでこれだけのボリュームとして認識されます。

【骨切り】両顎手術 術後3か月

両顎手術 術後3か月 正面

下顎が下がることでボリュームは落ちますが、短縮したり細くしながらVラインをデザインすることで、小顔感の仕上げができます。鼻翼基部〜口角:口角〜顎先=1:2を形成するため、パーツの配置を考慮する必要があります。オトガイ形成での短縮は、パーツの配置バランスをみて行います。短くしすぎても、バランスが崩れます。

斜め

斜めから見たVライン(エラ〜オトガイ)に関して、術前はボリュームが気になる輪郭でした。術後は小さくなりながらも、皮膚のたるみなく、スッキリとしたVラインが形成されています。

【骨切り】両顎手術 術後3か月

両顎手術 術後3か月 斜め

オトガイ形成の際に同時に行う「ミニVライン」が輪郭の仕上げに大事になってきます。オトガイ形成は短縮しすぎてもパーツのバランスを崩します。口角の位置関係を見ながら適度な短縮を行いつつ、小顔感増すミニVラインで仕上げます。

笑顔

笑った時の口の動きは、骨格と密接に関わります。歯の見え方、口角の立体感、笑った時の引き込まれ方、高さなど、様々な変化を予測しながらプランを検討します。

【骨切り】両顎手術 術後3か月

両顎手術 術後3か月 笑顔

笑っても顎先からの輪郭の存在感を控えめにして、可愛らしい笑顔に仕上げました。

まとめ

今回は受け口輪郭に対して両顎手術をおこなって3か月が経過した患者様を紹介しました。

今後も様々な症例、ダウンタイムの経過などご紹介していきます。骨切りに限らず、輪郭、目、鼻、若返り施術、美容皮膚科処置など美容に関わる記事を投稿していきますので、興味のある方はぜひ目を通していただけると幸いです。

🏥顎矯正手術治療代:2,750,000(税込)
目隠しモニター:2,310,000 (税込)
顔出しモニター:1,870,000 (税込)
術前検査代、麻酔代、術後CT代は別途
📸モニター募集中

🩹リスク:疼痛、出血、血腫、感染、神経障害、咬合異常など

⚠️経過や結果には個人差があります。施術内容、経過など十分理解した上で施術をご検討ください。術後気になる症状があれば、受診してご相談ください。術後の経過を安全に見ていくために、定期的な受診が必要です。

《輪郭の治療で当院が選ばれる理由》

1.2014年から美容外科で積み上げた豊富な骨切りの経験があります。
2.両顎は「Dolphin®」を用いてミリ単位でシミュレーションを行います。
3.院内CTで術前、術後スムーズに検査ができます。
4.アフターフォローもしっかりします。
5.連携施設は東大口腔外科、矯正歯科3院(東京2院、大阪1院)があります。
6.輪郭の治療として、脂肪吸引、バッカル、糸リフト、ハイフなどのご提案をすることも可能です。
7.完全予約制なので診療がスムーズです。

🏥リノクリニック東銀座
104−0061東京都中央区銀座3丁目11−13松本銀座ビル9
☎️03-5550-5557
🌏web予約受付中

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る