症例ブログ

【骨切り・輪郭】セットバック後の両顎手術でシャクレを治す

今回ご紹介するのは元々受け口顔貌だった輪郭に、他院でセットバック(前方分節骨切り術)を受けた患者様です。下顎が前突して受け口だった輪郭にセットバックを適応すると、下顎全体の前突感はそのまま残るため、より受け口感、シャクレ感が強くなります。また左右非対称があったのがそのまま残るため、顎先の曲がりはより目立つことになります。

顎のシャクレ感を治したいと相談に来られて、両顎手術を行うことにしました。

受け口に対してセットバックを行うと何が起こるのか?

そもそも受け口咬合の方は、上顎骨がやや後方、下顎骨が前方に位置しています。「セットバック」は前歯6本と歯槽骨のみが後方に移動するので、上下額骨の位置関係は受け口の状態のままになります。またオトガイ形成で調整したとしても、下顎セットバックの骨片とオトガイ形成の骨片の間に骨のバーを残さなければいけないので、そもそもその位置が前方に位置しているので、根本の改善が難しくなります。また受け口顔貌の方は咬合平面の前後傾斜がフラット気味なので、口角が下がります。セットバックだと、咬合平面の調整ができません。左右非対称も改善が難しくなります。

今回はそんなセットバックに伴う骨切りデザインの制限がある中で、できるだけ受け口感をなくして非対称を改善させるプランで行いました。オトガイ形成の骨切りラインにも制限が出ますが、面長感が消えるように調整しました。

正面

顎先が左にシフトした非対称を認めています。これはセットバックを受ける前からあったものと思います。両顎手術で水平方向の傾きを調整しています。

両顎手術で受け口と左右非対称を治療しました。顎変形症、顎矯正手術の術後6か月です。

左:術前 右:術後6か月

 

斜め

セットバック後の術前の状態ではまだ下顎前突が輪郭として残っていて、セットバックの結果口元が下がり、さらにシャクレ感が強まっています。鼻翼基部の陥凹を改善して口角の下りも調整しました。

両顎手術で受け口と左右非対称を治療しました。顎変形症、顎矯正手術の術後6か月です。

左:術前 右:術後6か月

人中の傾斜が強かったので、適度な傾斜に調整しています。下顎全体を後方に移動して、オトガイ形成でEラインを整えています。オトガイはこれでも短縮しているのですが、過去のセットバック+オトガイ形成の骨切りラインの影響で、解剖学的にこれ以上の短縮は難しい状態でした。

両顎手術で受け口と左右非対称を治療しました。顎変形症、顎矯正手術の術後6か月です。

左:術前 右:術後6か月

笑顔

セットバック後の矯正治療を行なっていなかったため、前歯は叢生が残り、歯軸もバラバラ、セットバックの上顎骨片も傾いている状態でした。術後創部感染があり傷が馴染むのに時間がかかっていて、半年たってもまだ傷が硬い部分がありますが、大分口周りの動きも滑らかになってきました。

両顎手術で受け口と左右非対称を治療しました。顎変形症、顎矯正手術の術後6か月です。

左:術前 右:術後6か月

🏥顎矯正手術治療代:2,750,000(税込)
目隠しモニター:2,310,000 (税込)
顔出しモニター:1,870,000 (税込)
術前検査代、麻酔代、術後CT代は別途
📸モニター募集中

🩹リスク:疼痛、出血、血腫、感染、神経障害、咬合異常など

⚠️経過や結果には個人差があります。施術内容、経過など十分理解した上で施術をご検討ください。術後気になる症状があれば、受診してご相談ください。術後の経過を安全に見ていくために、定期的な受診が必要です。

《輪郭の治療で当院が選ばれる理由》

1.2014年から美容外科で積み上げた豊富な骨切りの経験があります。
2.両顎は「Dolphin®」を用いてミリ単位でシミュレーションを行います。
3.院内CTで術前、術後スムーズに検査ができます。
4.アフターフォローもしっかりします。
5.連携施設は東大口腔外科、矯正歯科3院(東京2院、大阪1院)があります。
6.輪郭の治療として、脂肪吸引、バッカル、糸リフト、ハイフなどのご提案をすることも可能です。
7.完全予約制なので診療がスムーズです。

🏥リノクリニック東銀座
104−0061東京都中央区銀座3丁目11−13松本銀座ビル9
☎️03-5550-5557
🌏web予約受付中

 

トップへ戻る