症例ブログ

Case File2【骨切り】男顔から可愛らしい小顔に

今回ご紹介するのは、骨張って男顔がコンプレックスと相談に来られた患者様です。エラがとても張っているわけではないのですが、少し骨張った感じがある輪郭でした。口元の軽度の突出、顎の長さがあり面長、そして笑うと歯茎が見えるガミースマイルでした。

行った手術は両顎手術(顎矯正手術)です。術後1年が経過したのでご紹介します。

正面

比較的Vラインはスッキリとしていて、特別太いわけではありませんが女性としてはややしっかりした顎先でした。エラは張っていません。ガミースマイルがあったので、上顎骨の短縮とオトガイ形成での短縮で、丸みのある小顔に形成できています。口角も術前は意識してあげていましたが、術後は口元を楽にしていても口角が上がった可愛らしい感じになりました。

骨切り 両顎 小顔 歯列矯正 顎変形症 額矯正手術台

斜め

ガミースマイルは中顔面や上口唇などの軟部組織とのボリュームのミスマッチで生じますので、上顎骨はやや長めということになります。その分組織が下に引き伸ばされるような状態となるため、頬の下がこけやすくなります。上顎骨やオトガイの短縮により組織に余裕ができるため、頬のトップから顎先にかけてのラインが滑らかになります。

骨切り 両顎 小顔 歯列矯正 顎変形症 額矯正手術台

横顔

人中の傾斜がやや前方に強かったため、上顎骨を後方に若干下げています。人中の下側のキューピッドボーと口角の位置関係が良くなりました。

骨切り 両顎 小顔 歯列矯正 顎変形症 額矯正手術台

シャープさも良いですが、若干ふっくらした卵型はとても可愛らしい印象を与える輪郭になります。

笑顔

笑った時に見える上顎の歯茎。多少は良いですが、見えすぎを気にしている方は、笑う時に上唇が上がらないよう力を入れている方もいます。笑った時にどうしても不自然になります。

骨切り 両顎 小顔 歯列矯正 顎変形症 額矯正手術台

しっかり笑っても、口元が上品で可愛らしくなるためには、上顎骨の前後位置や前後傾斜を調整する必要があります。

まとめ

やや骨張った男顔の輪郭を、卵型の可愛らしい輪郭に形成しました。術後1年経って動きもスムーズになっています。感覚の麻痺はなく経過しています。前歯を白くきれいにしたかったそうで、臼歯の咬合が問題なかったため、前歯をセラミック治療で整えています。

 

🏥顎矯正手術治療代:2,750,000(税込)
目隠しモニター:2,310,000 (税込)
顔出しモニター:1,870,000 (税込)
術前検査代、麻酔代、術後CT代は別途
📸モニター募集中

🩹リスク:疼痛、出血、血腫、感染、神経障害、咬合異常など

⚠️経過や結果には個人差があります。施術内容、経過など十分理解した上で施術をご検討ください。術後気になる症状があれば、受診してご相談ください。術後の経過を安全に見ていくために、定期的な受診が必要です。

《輪郭の治療で当院が選ばれる理由》

1.2014年から美容外科で積み上げた豊富な骨切りの経験があります。
2.両顎は「Dolphin®」を用いてミリ単位でシミュレーションを行います。
3.院内CTで術前、術後スムーズに検査ができます。
4.アフターフォローもしっかりします。
5.連携施設は東大口腔外科、矯正歯科3院(東京2院、大阪1院)があります。
6.輪郭の治療として、脂肪吸引、バッカル、糸リフト、ハイフなどのご提案をすることも可能です。
7.完全予約制なので診療がスムーズです。

🏥リノクリニック東銀座
104−0061東京都中央区銀座3丁目11−13松本銀座ビル9
☎️03-5550-5557
🌏web予約受付中

トップへ戻る